オタク日記

三代目オタク日記

mstimg : Mastodon上の画像を一括保存したりできるツールを作った

f:id:Kuonchan:20180903012022j:plain

Twitterに投稿された画像を一括保存できるツールにtimgというものがあり、僕も日頃からよく使用しているのですが、Mastodonにはこれに代わるツールがないなぁ・・・と思ったので作ってみました。

mst.poyashi.me

(名前はリスペクトです。作者間に一切の関係はありません)

続きを読む

Twitterでふざけて年齢を変えたら一週間くらいアカウントロックされてしんどかった

こんにちは。

最近僕はJKになろうと四苦八苦しているのですが、その過程でTwitterに思わぬ妨害工作を受けたので記しておきます。

アカウント作成時に13歳未満の計算だと問答無用でロック

f:id:Kuonchan:20180628222539p:plain

Twitterって誕生日を自由に変えることができますよね。

先述したとおり、僕は女学生に憧れがあるので、僕自身が女学生に昇華するはじめの一歩として普段使っているTwitterアカウントの誕生日を変更しようとしました。

誕生日を2002年に変更したら...

f:id:Kuonchan:20180628222828j:plain

今年は2018年だから2002年生まれの人間も16歳なんじゃ!?って思いますが、アカウント作成時(このアカウントを作ったのは2013年)に13歳未満の人間は遡ってアカウントロックされるんですね。

対処法

上記画面"こちら"をクリックし、身分証明になるものの写真を添えて審査を依頼します。

身分証明になるものとは、例えば運転免許証やパスポートといった公的機関発行の書類のようです。僕は運転免許証の写真を生脚と一緒に撮影して送りました。

Case# xxx: Parental Consent NOT Required 

というメールが送信されてきたら審査依頼は完了です。

どうやら今は全世界的にこの問題で混乱が発生しているようで、かなり待たされます。

僕は2018/6/21 AM0:52に審査依頼が完了しましたが、実際にアカウントロックが解除されたのは2018/06/28 PM18:01でした。

あと、マイナンバーカードを送付したらアカウントが永久凍結になったという情報も見ましたので、運転免許証の写真を送付するのをおすすめします。

教訓

僕は永遠にJKになることはできない

どうでもいいけど

アカウントロックされている最中はTwitter Appsに登録しているTwitterアプリの設定もできないし、連携アプリを使ったログインとかもできないしでかなり困りました。

不用意に誕生日を偽るのはやめておきましょう。(どうせ偽るなら戦前生まれとかの方向で偽るのがいいと思います。)

関連リンク

Twitter規約改定で13歳未満が利用禁止に 公式アカウントが凍結される騒ぎ 「13歳以上でも凍結」の声も - ねとらぼ

誰でも音楽ゲームのスコアタを開催できるサイトを作った

https://ir.poyashi.me/

IR SUPPORTERというサイトです。

3ヶ月くらい運用したあとにReact+NodeJS+PHPで1から書き直しました。

作ったワケ

たまにTwitterで「#○○スコアタ」みたいな感じでスコアアタックを開催してくれる人がいますが、それだと集計する人の手間も馬鹿にならなくないか?と思ったので作ってみました。

ついでに色々便利そうな機能を盛りだくさんにしてみました。

対応機種:IIDX/BMS/pop'n/SDVX/CHUNITHM/maimai/jubeat/DDR/オンゲキ/ドラマニギタフリ/ダンスラッシュ/ノスタルジア

(「その他」を使えばその他のゲームも登録できます。音ゲー以外も大丈夫です。入力出来るスコア値は浮動小数点型に対応)

機能・特徴

登録不要でもすぐ使える(登録したらもっと便利に使えます)

・IR開催・参加(パスワードで保護したり、色々な設定ができます)

柔軟な検索に対応したIR・ユーザー検索機能

平均順位などの算出、順位や参加回数のグラフ化

Twitter連携ログインしたり、自動でツイートしたり

IRにコメントを残せます

・IR開催者が不正なスコアデータを削除できます

スコアデータをCSVで出力できます

IRに対するあらゆる変更がログとして残り誰でも回覧できます

Twitter Card対応(説明文などもいじれます)

ユーザーページで自己アピールができます

・3種類のテーマから自由にサイトの外観を選択できます

グループ機能を使ってチーム戦が可能

・その他いろいろ...

こんな感じ

f:id:Kuonchan:20181106220217g:plain

 

使い方や細かい特徴は「基本的な使い方 - docs : IR SUPPORTER」にイヤになるくらい細かく書いたので、是非そちらを見てください。(現在書き直し中)

・IR開催者は自由にIR説明文を入力できます。Markdown記法に対応しているため、見出しやハイパーリンクを設定したり、画像を表示したり、リストを作ったり、様々なことができます。

・IRの課題曲には1曲から4曲まで設定することができます。理論値設定ができるため、特定の点数以上を登録させないように設定することもできます。

・開始日時と終了日時を設定できます。IRページでは、終了日時までのリアルタイムカウントダウンを表示します。

・IRにタグを設定することができます。これを設定することで、他のユーザーがIRを探しやすくなります。

・IRには誰もがコメントを残すことができます。

・IRにパスワードを設定することで、知らない人がIRに参加することを防ぐことができます。

スコア登録画面からリザルトを直接インターネット上にアップロードできます。現在アップロード先としてvgy.meとTwitter(連携ユーザーのみ)に対応しています。

f:id:Kuonchan:20181106220836g:plain

ユーザーページです。グラフを使った統計データや過去のIRの参加,開催ログを見たりできます。

これらのデータを公開したくない人は設定画面からプロフィールを非公開にすることもできます。

f:id:Kuonchan:20180607082448p:plain

Twitterカードに対応しており、説明文と画像は自由に設定することができます。キャッチーなIRを作成しよう!

備考

GitHubにてソースコードを公開しています

文系のプログラムnoobなので色々出来がひどいですが...

 

https://ir.poyashi.me/

ぜひ使ってみてください。

何かあったらお問い合わせ : IR SUPPORTERかこの記事のコメント欄にお願いします。

Twitterでクソリプを送ってきたりリテラシーの低い人間をまとめてブロックしつつ他の人とシェアできるツールを作った

f:id:Kuonchan:20180512225722p:plain

クソリプバスター(安直)です。

 

https://poyashi.me/buster/

クソリプバスター - Twitterブロックリスト取得効率化ツール

続きを読む

ドメイン変更

33niang.co

から

poyashi.me

(ぽやしみ~)

ドメインを変更します。

 

理由としてはドメイン名にちゃんと日本語でわかる意味があるのとドメイン更新料が年1000円安いことが挙げられます。

これに伴いブックマークレットのURLがnijie.33niang.co/~からnijie.poyashi.me/~へと変更になります。

      javascript: (function() { javascript: (function(d, s) { s = d.createElement('script'); s.src = '//nijie.poyashi.me/main.js?v=' + Number(Math.floor(Math.random() * 8101919)) + '&storage=0&noconf=0&fname=""'; d.body.appendChild(s); })(document) })();

また、Minecraftサーバーのドメインはmc.poyashi.meへと変更になります。これに伴い、Minecraftサーバー名をぽやしみサ~バ~に変更予定です。

 

33niang.coドメインが失効するまでは両ドメインからアクセス可能にしておきますが、ドメイン失効後はともに33niang.coドメインではアクセス不能になりますのでご注意ください.

(失効日 : 2018/07/31)

 

サブドメイン一覧

  • nijie.poyashi.me
  • mc.poyashi.me
  • map.poyashi.me
  • stat.poyashi.me
  • files.poyashi.me
  • ir.poyashi.me

Webサイトに不正なコードを埋め込んで広告を表示させてくるChrome拡張機能

タイトルの通り。

f:id:Kuonchan:20180410161604p:plain

上記Chrome拡張機能をインストールしていると、各ページ内に以下タグを埋め込み、不正に広告を表示します。

イコライザー機能を追加する拡張機能ですが、イコライザーとしての機能を一通り備えており、普通に使えていたのでまさかマルウェアだとは思わなかった…。

f:id:Kuonchan:20180410161807p:plain

この拡張機能を無効化した状態では以下の状態です。

f:id:Kuonchan:20180410162042p:plain

また、eluxer.net下に配置されたスクリプトを読み込み、Chromeのコンソールを毎秒setIntervalで削除する機能を見せる場合もあります。

挙動

この拡張機能をインストールしている状態では、以下のような挙動を確認することができます。

  • 定期的に広告をポップアップする(お使いのWindowsの有効期限が切れました...などのよく見るヤツ)
  • コンソールを毎秒クリアする
  • AmazonをブラウズしているときにアソシエイトID付きURLを勝手に表示する(Amazonアソシエイトidはduomai1000136-22でした。中国系?)

他にも気づいていない挙動があるかもしれません。

記事内2枚目の画像で読み込まれているs3.amazonaws.com/...c1.jsに、広告を表示するためのスクリプトが記述されていることを確認しています。

対処

一度Chrome拡張をすべてオフにし、デベロッパーツールなどで上記挙動が見られないか確認しながら1つ1つ有効にしていくことで該当拡張機能を特定することができます。

僕が引っかかったのはイコライザ関連の拡張機能でしたが、その他同様の挙動を見せるツールが存在しているかもしれませんので、予防法として思いついたものを以下に書いておきます。

  • 開発者のWebサイトがちゃんとしているかを見る(Audio Equalizer - EQの開発者ページ(アーカイブ)はBootstrapテンプレートの文言を変えていないいかにもなものでした)
  • 全ての言語のレビューを表示するようにして、Adware判定を食らっていないかチェックする(以下画像参照)
  • 拡張機能の権限レベルのチェック

f:id:Kuonchan:20180410163554p:plain

*Chromeは複数デバイス間で設定を共有するためにGoogle IDごとに設定を保存しているため、一度ブラウザをアンインストールしてから入れ直したとしてもGoogle IDを紐づけて拡張機能を同期してしまえばこの症状は再発します。

備考

拡張機能の権限レベルがツールの機能の割に「アクセスしたウェブサイト上にある自分の全データの読み取りと変更」になっている場合には導入を逡巡すべきかもしれない。(このページを見れば分かるが、本当に何でもできてしまう)

確証はしていないがnetstats.spaceに何かのデータを送信している形跡も見受けられたのでChromeで最近ログインしたツールのパスワードを変更する必要があるかもしれない。

www.twinklestars.net

上記ブログ記事でも似たような拡張機能マルウェア化を伝えている。

今まで普通に使えていた拡張機能が突如としてマルウェア化することもあるので本当に油断ならないと思った。

拡張機能は従来のウイルス対策ツールでは対処ができない分タチが悪いというのは本当に同意できる部分で、かくいう自分もAvast!でフルスキャンをかけても何も見つからなかったので何事かと思ってしまった。

 気をつけましょう。